予定の流れを阻害したら間違いが起きます

無理な講義でボディーを壊したり体調不良をおこしてしまった時の応急処置って「不時対処」の方式を経歴する。
1月に始めた講義が10月には破綻していました。何も出来ないほどの落ち込みを覚えているからには大変です。
情緒も無くてテクノロジーも出せないようなバーン圏外を心理的に起こしていたら「ワークパージ」をあげるようにしています。
わたしはワークパージと呼んでいますが「講義を欠かす」という意味です。
無理をしてカラダを乱したのは講義の計画以外の背景がほとんどです。

原因としての意義:
1.アルコールを大量に呑む習慣がある
2.ティーンエイジャーならカフェインを多量に摂取する(不眠)
3.快眠が不安定な生活をしておる(眠らないタイミングがある。躁病系統興奮グレード。CMI世間シナジーの質問)
4.群れの中で自分の効用を遂行できない状態になり易い
5.独自で作った計画を強制的に実行して破たんしている
6.EMSベルトで効用以上の演習を与えた

これで状態が壊れたり講義が出来ないのならば「メンタルプラクティス」に臨みます。
「メンタルプラクティス」に臨みながらボディーを動かさないで精神的な実情や焦点の実情から治癒をイメージしていきます。
それを「直感講義化」していくベクトルで、1~3ヶ月はクールダウンをする停止タームにする。
停止タームが仕上げるうちにはイメージ通りに回復していると思います。
そういった「務めの乱雑」を補正するだけで回復していきます。http://gl-shipmanager.com/